歯と身体の健康情報を発信します

歯周病は早産や低体重児の原因になります

  • HOME »
  • 歯周病は早産や低体重児の原因になります

妊婦さんが歯周病にかかっていると、歯周病菌が赤ちゃんの発育を妨げたり、早産や低体重児出産などの原因になる可能性があります。

歯周病菌は血液中に侵入できます

 ムシ歯菌が歯の表面を好むのに対し、歯周病菌は、潜り込むのが大好きです。酸素が苦手な菌が多いので、酸欠状態の歯周ポケットの中が大好きで、さらに歯周ポケットを深くしより酸欠状態を作り出していきます。歯ぐきは毛細血管が粘膜の表面まで来ており、ここから歯周病菌が血液の中に入ってしまうのです。

レッドコンプレックス

・Porphyromonas gingivalis(ポルフィロモナス・ジンジバリス)
・Treponema denticola(トレポネーマ・デンティコラ)
・Tannerella forsythensis(タネレラ・フォーサイセンシス)
歯周病が重症になればなるほど、この3種類の菌が増えてきます。とくにトレポネーマ・デンティコラは、血液中に侵入するばかりかその中で増殖することもできます。
これらの歯周病菌が血流に乗って子宮に到着すると、胎児に栄養届けている胎盤に感染が波及し、子宮内で炎症が起こり、子宮内の胎児を包んでいる羊水も汚染されることがあります。
この結果、胎児の成長が不良になり低体重児出産のリスクになります。

内毒素

 バイ菌は細胞壁という皮膚を持っていますが、歯周病菌(特に上記のレッドコンプレックス)は、この細胞壁そのものに毒性があります。英語名をそのまま用い、エンドトキシン(endotoxin)とも呼ぶことも多いです。血管内皮細胞の障害・発熱などを引き起こします。

早産の原因

 歯周組織が炎症を起こすと炎症性サイトカインやプロスタグランディンといった物質が生成されるのですが、これらの物質は子宮の収縮を誘発する作用があるので、重度の歯周病になるとこれらの物質の血中濃度が上昇し、早産の原因になると考えられています。

低体重児

2500g未満の赤ちゃんを「 低出生体重児」
1500g未満の赤ちゃんを「極低出生体重児」
1000g未満の赤ちゃんを「超低出生体重児」
と定義されているのですが、増加傾向にあるといわれ、浅草の歯医者さんの間でもいろいろな医療機関で問題意識を抱いています。

早産

妊娠37週0日~妊娠41週6日までの出産は正期産ですが、
妊娠22週0日~妊娠36週6日までの出産を早産
それ以前を流産と定義されています。

早産のリスクは

貧血・黄疸・慢性肺疾患・無呼吸発作を起こしやすく、免疫力が弱いため、重度の感染症や合併症を起こしやすい可能性があります。このため、しばらくは医療機関による様々な管理が必要となります。おっぱいを吸う力も弱く経管栄養などによる哺乳になる場合もあります。
 超低出生体重児の知能指数の平均値は正期産児と比べてやや低いといわれていますが、6歳時点で約8割以上が普通に小学校に就学し、通常の学校生活を送っています。ただ運動を苦手とする子が多いともいわれています。

低体重児のリスクは

 小さく生まれても妊娠37週以降の正産期に入ってから生まれた赤ちゃんは体の機能がほぼ完成しているため、上記の早産と違い、その後の成長にはほぼ問題ありません。
 しかし2500g未満の場合、出生後に急激に栄養を与えて大きくなると肥満になりやすく、将来的に生活習慣病を招きやすいという報告もされています。
 全員がそうだというわけではないのですが、低体重で生まれた赤ちゃんはお母さんのおなかの中にいるときに十分な栄養を摂ることができず、おなかが減った状態で生まれてきます。母乳や粉ミルクをもらうと、通常の赤ちゃんより多くの栄養を吸収しようとします。食いしん坊になるということです。
 赤ちゃんにとって大きくなることはとても良いことなのですが、この体質が後々まで影響し大人になってからも栄養を過剰に吸収し、結果的に高血圧や肥満体質などのメタボリックシンドロームになる危険性があります。
 高血圧・糖尿病・脂質異常症、肥満になる確率が高くなるということです。

30代になってからの出産は特に気をつけてください

 歯周病はバイ菌による感染症であるのですが、何十年もかけて進行する生活習慣病です。20代よりも30代としてさらに40代になれば、年齢的な影響による歯周病の進行に注意しなければいけません。
何をするにも遅いということはありませんが、早め早めの対応はやはり重要です。
 当然歯周病は、赤ちゃんに対する影響だけではなくご自身の健康に大きく関係している生活習慣病です。妊娠の有無にかかわらず、ぜひ一度お近くの歯医者さんで歯の状態を検診してもらってください。

 

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-3875-4182 受付時間9:00-19:00
(土16:00まで 日月祝休診)

診療時間

火~金 9:00~13:00

    14:00~19:00

 ( 土は16:00まで )
 
日、祝 月(往診)は休診

character

PAGETOP
   
Copyright © 2008-2019 田中歯科医院 All Rights Reserved.