歯と身体の健康情報を発信します

初めて来院される方へ

  • HOME »
  • 初めて来院される方へ

 初めて歯科医院を訪れるのは、不安でいっぱいだと思います。電話するだけでも勇気がいることです。「怖い」「痛いのでは」「高額な治療費がかかるのでは」「悪い歯を見せるのは恥ずかしい」「でも放置しておけない」。
 少しでもそんな不安を和らげていただければと思います。お痛みがあってご連絡をいただいた場合を想定して、当日の流れをまとめてみました。

まずは、03-3875-4182 までお電話下さい

 PHOTO042
 診療時間中でしたら、スタッフが丁寧に対応いたします。
 時間外は留守番電話対応となりますが、お痛みの場合はなるべく早めに田中歯科医院よりご連絡いたします。

すぐに診療してもらえるのですか?

03_03
 浅草の歯科医院は、予約制の所が多いです。患者さんをお待たせすることが無いように、また1回の治療をしっかり行うためです。
 田中歯科医院も予約制ですが、急な方のために予備の時間を用意しております。お痛みの場合は、お電話いただいた当日に優先的に拝見するように心がけております。
 お痛みの無い歯科検診など、緊急性のない場合は、御都合の良い日時をご予約させていただきます。

保険証を家に置いてきて今すぐ持っていないのですが?

当歯科医院では、とにかく、患者さんの苦しみをなくすことを第一に考えております。治療費の支払いや保険証の確認は後日でもかまいません。

初回の治療内容は?

03_14
 患者さんのお話にじっくり耳を傾けながら、歯科医学的見地から最善の治療方針を提案し、治療をすすめていきます。
お痛みがある場合は、痛みの原因を探り、痛みを早めに緩和することに最大限努力いたします。

初回は、処置せず説明だけでも

 とかく、歯の治療は、怖いものです。「気持ちの整理、心の準備」も必要です。「初回は、治療をしないで、話だけ聴きたい」勿論大歓迎です。ほんとうに提案された治療法が最善の方法なのか、疑問に思うこともあるでしょう。1回聞いただけでは専門家ではありませんから、良く理解できないこともあると思います。ゆっくり相談していきましょう。また他の歯科医院の意見も訊きたいと思うこともあると思います。これをセカンドオピニオンといいます。詳しくはこちら(セカンドオピニオン)をご覧ください。
 この場合に、かかる費用は初診料のみです。(3割負担の方で700円程度です)。

時間は?

01_28
治療内容により変わりますが、初回はやや長くかかります。一時間程度のことが多いです。お時間が無い場合は、鎮痛剤をお出しするだけでも可能です。
  大まかな流れとして
① 問診表を記入していただきます。
② アレルギーなど全身状態を、お伺いします。
③ エックス線写真を撮影します。妊娠している、放射線が心配などの場合は撮影せずに治療を進めることも可能な場合があります。ご相談下さい。
④ 痛みの原因を判りやすくご説明し、治療の方法をご相談します。

費用は?

 治療内容により、いろいろですが、初回費用は、エックス線写真をとったり(お口全体を総合的に撮影すると317点、一本の歯のみを撮影すると、48点(3割負担の方はこれに×3をすれば金額になります))検査料が初回ではかかりますので、3割負担の方で、2000円~3000円程度のことが多いです。2回目以降も内容によりますが、1200円程度のことが(3割負担の方で)多いです。
 出来れば充分な検査をして、より安全な処置をしていきたいのですが、エックス線は心配で取りたくない。費用も極力かけたくないなどのご相談もぜひして下さい。
 ただ申し訳ありませんが、生活保護の保険(生保)はおとりあつかいしていません。

強い歯の痛みの出やすい症例と初回の対応をまとめてみました

1. 智歯周囲炎(親知らず、前から8番目一番奥の歯の周囲の歯ぐきが腫れて炎症)
 症状  口の奥のほうが、腫れて痛い。熱がでる。リンパが腫れて痛い。唾を飲むと痛い。
 対応法 消毒、排膿、飲み薬(抗生剤や鎮痛剤)の投与 (抜歯の場合も)
2. 歯髄炎 (虫歯が進み、歯の中にある神経(歯髄)が侵され炎症)
 症状  冷たいものや熱いものにひどくしみる。歯がズキズキと痛む。咬むと痛い。
 対応法 虫歯の穴に鎮静剤を入れる。麻酔をして神経(歯髄)の除去。鎮痛剤
3. 根尖性歯周炎 (2がさらに進み、歯を支えている骨に炎症が波及)
 症状  重い鈍い痛みがある。熱がでる。頬が腫れる。咬むと痛い。
 対応法 神経の管を洗浄し、抗生剤や鎮痛剤を入れる。抗生剤や鎮痛剤の内服。
4. 辺縁性歯周炎 (いわゆる歯槽膿漏の発作、入ったバイ菌が大暴れ)
 症状  歯がぐらぐらする。咬むと痛い。以前より歯ぐきから血がでていた。
 対応法 歯周ポケットの洗浄、消毒、抗生剤の挿入、咬みあわせの調整、抗生剤や鎮痛剤の内服。
5. アフタ性口内炎 (胃潰瘍が口の中にできた状態)
 症状  すっぱいもの、お醤油などにひどくしみる。舌でさわると痛い。
 対応法 消毒、鎮痛剤の貼付。洗口剤や塗り薬の投与。
6. 顎関節症 (顎のちょうつがいの障害 意外と多いです)
 症状  口を開け閉めすると顎のちょうつがいが痛い、コキコキ音がする。口が上手くあかない。
 対応法 顎の関節の保護。鎮痛剤の投与。食生活の注意指導。
7. くさび状欠損 歯がひどくしみる。(歯の歯ぐきに近い部分の削れこみ)
 症状  冷たいものにしみる。息を吸うとしみる。
 対応法 くさび部分の保護。
8. 咬合性外傷 (意外と多いです。歯がねんざしたと思って下さい)
 症状  咬むと痛い。冷たいものや熱いものにしみる。うずく。なんとなく痛い~ひどく痛い。
 対応法 咬み合せの調整。保護材による歯面保護。食生活の注意指導。
9. 三叉神経痛 (坐骨神経痛についで多いです。診断が難しい病気の一つです。)
 症状  なんとなく痛いようなの軽度の場合から、風が頬に当たっただけで激痛が走るものまで、いろいろです。
 対応法 診断が難しく初回では、判断できない場合が多いです。

このほか、ストレスに起因する歯痛も多くみられます

 

 

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-3875-4182 受付時間9:00-19:00
(土16:00まで 日月祝休診)

診療時間

火~金 9:00~13:00

    14:00~19:00

 ( 土は16:00まで )
 
日、祝 月(往診)は休診

character

PAGETOP
   
Copyright © 2008-2019 田中歯科医院 All Rights Reserved.