歯と身体の健康情報を発信します

妊娠すると、ムシ歯や歯周病のリスクが増大

  • HOME »
  • 妊娠すると、ムシ歯や歯周病のリスクが増大

妊娠すると、歯のカルシウムが赤ちゃんに取られると言うのはウソです。でも妊娠に伴う身体の変化で、虫歯や歯周病に罹患しやすくなるのも事実です。

妊娠にともなう母体の変化

身体の変化

女性ホルモンの分泌量が増える

 子宮の筋肉が緩み、乳房が大きくなり、血糖値が上がりやすくなるなど、お腹の中の赤ちゃんを育てるための体の変化がおこります。このため、エストロゲン(卵胞ホルモン)・プロゲステロン(黄体ホルモン)・hPL(ヒト胎盤性ラクトーゲン)・hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)などの女性ホルモンが10~30倍にも急増します。

歯周病菌が増加する

Prevotella.intermedia(プレボテラ・インターメディア)という歯周病菌は卵胞ホルモンを栄養源に増殖します。さらに卵胞ホルモンは歯肉を形作る細胞を標的にする性質を持つため、歯ぐきが腫れやすくなります。

免疫反応の低下

 通常は、身体の中に入り込んだばい菌やウイルスを異物と判断して排除します。これを免疫とよぶのですが、胎児を異物と認識したら大変です。このため妊娠中は、母体の免疫力の一部が一時的に低下します。口腔内はこの影響を受けやすく、歯周病菌やムシ歯菌を抑える力が弱まってしまうのです。

むくみやすくなる

 妊婦さんは自分だけでなく、赤ちゃんの分の酸素や栄養、老廃物を運搬するため、体への負担が通常より多くかかっています。赤ちゃんの成長を支えるために、母体の血液を増加することによって補います。このため、血管の透過性が亢進し、身体内の細胞組織にある体液と血液の量が非常にアンバランスになってしまいコントロールがしにくくなり、むくみを生じやすい体になってしまいます。
 歯ぐきはむくみやすく歯肉炎を生じやすいのです。

唾液がネバネバ

唾液の粘り気が高まり、口の中がネバネバするのも妊娠初期におこるよくある症状のひとつです。
口腔内の自浄性が低下して、歯垢(プラーク)の増加につながります。
副腎皮質ホルモンや、妊娠による不安や緊張のような心理的な変化も大きく関係していると言われています。

つわりなどがもたらす生活習慣の変化

漢字で書くと「悪阻」。妊娠初期に起こる吐き気と嘔吐のことですが、唾液の増加・味覚異常、全身倦怠感、頭痛、眠気・匂いに敏感になる、食べ物の好き嫌いが変化し、食欲が減退、または増進する。
など、感じ方には個人差が大きいです。
 また、妊娠後期になると、胎児が大きく成長し、胃を圧迫するので、一度に食べられる食事量が限られ食事の回数が増えるなど、口腔環境を悪化させる要因が増えます。

口腔ケアが上手にできない

歯ブラシが出来にくい

 口の奥まで歯ブラシを入れると、吐き気を感じたり、歯みがき粉の味が不快に感じたり、上手に口腔管理が出来にくくなります。口腔環境の悪化にともない、ムシ歯や歯肉炎が出来やすくなります。

口腔内の酸性化

 妊婦さんの口腔内のpH(酸性度)を調べると、中性を示す方が多いのですが、pH5以下の酸性になっている方も妊娠初期と後期に顕著にみられました。初期はつわりによる胃酸の逆流、後期は食事回数の増加による影響が関連していると考えられています。

対応法

 人それぞれで、症状がかなり異なります。浅草の歯医者など、近くの歯医者さんで健診やご相談下さい。

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-3875-4182 受付時間9:00-19:00
(土16:00まで 日月祝休診)

診療時間

火~金 9:00~13:00

    14:00~19:00

 ( 土は16:00まで )
 
日、祝 月(往診)は休診

character

PAGETOP
   
Copyright © 2008-2019 田中歯科医院 All Rights Reserved.