歯と身体の健康情報を発信します

歯のみがき方(基本の基本)

  • HOME »
  • 歯のみがき方(基本の基本)

歯ブラシの持ち方

03_20
特に歯ブラシの持ち方に決まりはありませんが、ペングリップ(鉛筆持ち)や グーで握る方法が良いと思います。みがく場所によって、持ちやすい持ち方にするのが良いです。

歯ブラシの当て方

角度に注意する

IMG_3511IMG_3512


歯ブラシを歯に対して直角に当てすぎてしまうと、隣の歯と歯の間の隙間に上手に歯ブラシが入らなくなります。

角度をつけて

IMG_3516IMG_3519


歯ブラシをやや起こすような感じで、歯ぐきの方に向かって少し立てるようにしてください。こうすることで、みがき残しの出やすい、歯と歯ぐきの境目・隣の歯との間を上手に磨くことができます。

歯ブラシの動かし方

04_11この状態で歯ブラシを、前後に小さくストローク(行ったり来たり)させます。このとき、前後の振幅を数ミリ程度にとどめるのがコツです。豪快にゴシゴシこすると、歯ぐきを傷つけるばかりで、清掃効果はかえって落ちてしまいます。
ほんの数ミリ程度の細かい振幅で充分です。

力の入れ方

IMG_3527
自宅にはかりがあれば、歯ブラシで押してみてください。200グラムを超えたら完全に力の入れすぎです。150グラム程度で充分キレイになります。力を入れると、歯ブラシの毛先が曲がってしまい、上手にみがけないばかりか歯ぐきを傷付けてしまいます。

歯みがきにかかる時間は

よく3分みがきましょうと言われますが、正直あまり意味のある言葉ではありません。部屋の掃除と同じです。汚い部屋の掃除は時間がかかります。
舌で触ってみてつるっとしていればキレイになっていますが、ヌルヌルしていればまだ汚れがついている状態です。

歯みがきは一日何回?

食後食後で歯みがきをして頂ければ一番良いのですが、雑な歯みがきを回数行うよりも、丁寧な歯みがきを一日1回きちんと行う方がキレイになるという報告もあります。毎回毎回一日何度も長時間歯みがきをするのは難しいですが、一日1回はゆっくり時間をかけて行っていただきたいものです。

歯みがき粉は?

IMG_3529絶対使わなければいけないというものではありません。ただ使わないと歯が黒ずんだり着色したりしやすいでし、今の歯みがき剤はフッ素なども添加されていて、虫歯予防もしてくれます。
ただ、大量につけると、みがけていないのにさっぱりした感じがして、ついついおろそかになりやすいので注意してください。歯みがき剤の量は、ほんの少しパチンコ玉1個ぐらいで充分です。

ローリング法もすぐれた歯みがき法です

04_01→04_02→04_03


歯ブラシの毛側面を歯肉に平行にあて、歯に向かって回転するように動かします。
上側の歯は上から下へ向かうように、下側の歯は下から上に向かうようにしてください。

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-3875-4182 受付時間9:00-19:00
(土16:00まで 日月祝休診)

診療時間

火~金 9:00~13:00

    14:00~19:00

 ( 土は16:00まで )
 
日、祝 月(往診)は休診

character

PAGETOP
   
Copyright © 2008-2019 田中歯科医院 All Rights Reserved.