歯と身体の健康情報を発信します

血栓症(2) 脳梗塞と心筋梗塞

  • HOME »
  • 血栓症(2) 脳梗塞と心筋梗塞

PHOTO073
血栓には、赤色血栓と白色血栓のふたつがあります。赤色血栓と白色血栓は、同じ血液の塊といっても、その成り立ちが全く異なります。

赤色血栓

 血液の流れの緩やかな静脈や、不整脈・心房細動などで血液の流れがよどんだり、乱れたりすると、血液の凝固因子が活性化してしまいます。これによりフィブリンという繊維が網目状の糸くずができ、その中に赤血球がからめとられ塊となっていきます。
 この塊が、血液の中を流れていき、肺で詰まると肺血栓塞栓症、脳に流れて脳塞栓を起こしたりします。 
 このような赤色血栓の予防には、凝固因子を抑えることが有効であり、よってワーファリンなどの抗凝固剤の適応になります。

静脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)

 飛行機の国際線エコノミークラスの乗客に起きやすいために俗にエコノミークラス症候群と言われています。ビジネスクラスでもおこります。長い時間椅子に座っていると,動脈ではなく静脈で血栓(血の塊)が発生しやすいのは静脈では血液の粘度が元々高くなっているからです(非ニュートン流体)。そこで出来た血栓がはがれおちて、血液の流れにのって肺へ流れ肺動脈が詰まると息苦しくなったり重症化すると死にいたる病気です。これも赤色血栓の一つです。

白色血栓

 一方、糖尿病、高脂血症などがあると、中小の動脈の壁の中にコレステロールの塊ができたものをアテローム(またはプラーク)と言いますが、これが出来やすくなります。このアテロームがたくさんできた状態が、いわゆる動脈硬化です。アテロームは大きくなると破裂して、血管の内側の表面を傷つけます。
 流れの速い動脈では、血液はサラサラしているので、赤血球の凝集は起こりません。しかし流れが速いために、血管の中央と周辺部での流れの速さの差を生じ「ずれ応力」が強くでます。そうするとそこに血小板が集まり、血栓をつくります。これが白色血栓と呼ばれるものです。白色血栓が大きくなって血管を塞いだものが、心臓におきれば心筋梗塞、脳に起きればアテローム血栓型脳梗塞ということになります。
 白色血栓の予防には、バイアスピリン等の抗血小板剤と、コレステロールを下げプラークを出来にくくする高脂血症治療薬が用いられるのです。

血栓を予防する薬にも2種類あるのです

PHOTO074

血栓と梗塞と塞栓症の違いは

 梗塞は、動脈または静脈の血液供給の低下によって生じた組織の壊死です。血流の低下は、血栓などの物理的な閉塞や血圧低下などもあります。ようするにその組織に酸素、栄養分を送っている栄養動脈系の障害で、壊死を来たしたものです。
 血栓症は、局所で血液が固まって血栓をつくることおよびそれによって、その場所で、壊死を起こした状態が血栓症です。
 塞栓症は、はがれた血栓や菌塊、脂肪や空気などの異物が、血管内を流れてきて、それが血管をふさいだものです。
 ですからエコノミーシート症候群で、静脈に出来た血栓が流れてきて肺動脈を詰まらせたものを、「肺梗塞」というのは誤りです。肺動脈は肺の機能血管であり栄養血管ではないので、梗塞ではなく正確には「肺血栓塞栓症」です。

狭心症と心筋梗塞の違いは

 狭心症は、冠動脈の血流が悪化し、心臓が一時的に酸欠状態となって起こるものです。胸のあたりに圧迫されるような痛みや苦しさを感じたり、人によって、あごやみぞおち、耳のあたりに痛みを感じることもあります。症状は、数分から十数分程度続きます。
 心筋梗塞は、心臓に栄養や酸素を運んでいる冠動脈の血流がほとんど止まってしまい、酸欠から心筋の一部が壊死(死滅)するほど悪化した状態をいいます。左胸のあたりを中心に、非常に強い圧迫感や激しい痛みが起こり、人によっては肩や背中、首などに痛みを感じることもあります。冷や汗や吐き気をともなうことも少なくありません。現在は治療技術が進み、発症後6時間以内にカテーテルによる治療を受けることができれば、死亡率は10%未満に抑えることができるとされています。ただし発症後、意識がなく、心肺機能が停止した場合には、すぐにその場で人工呼吸や心臓マッサージなどによる心肺蘇生を行う必要があります。 日本人の死因の第4位です(ちなみに平成23年に肺炎が3位ななって心疾患が4位に入れ替わりました。)

脳梗塞と脳卒中の違いは

 脳卒中の中でも、脳の血管が詰まったり閉塞することで脳への血流量が減って、細胞が障害された場合は脳梗塞、脳の血管が破れて脳内で出血することで細胞が障害された場合は脳出血という病名になります。脳卒中には、このほかに、くも膜下出血・一過性脳虚血発作が含まれます。

(1) へ戻る

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-3875-4182 受付時間9:00-19:00
(土16:00まで 日月祝休診)

診療時間

火~金 9:00~13:00

    14:00~19:00

 ( 土は16:00まで )
 
日、祝 月(往診)は休診

character

PAGETOP
   
Copyright © 2008-2019 田中歯科医院 All Rights Reserved.